【寄稿】大人になってから学ぶサッカーの本質とは?

サッカー育成年代の情報発信をする「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」(月間30万PV)に幣クラブの高橋亮祐コーチが寄稿をしております。

いつでも遊びがモノをいうという合言葉に信念をもち子どもたちの指導にあたっています。信念を言葉にすることで子どもたちを預けていただく保護者のお一人お一人に思いが届くと嬉しいです。

目次

寄稿記事タイトル一覧

育成年代の勝利至上主義を脱却できなければ日本サッカーは勝てない 

サッカーを本気で遊ぶということ 〜サッカーの本当の楽しさを教えてくれるのはいつもブラジル人〜

子どもらしくあることはダメなのか?子どもだからこそ、子どもらしい姿を大切にしたい。

裸足は子どもたちを解放してくれる。自然体をとりもどす裸足の効果

日本人に足りない遊び心や感性を磨いてくれる、ビーチサッカーという遊び

目次
閉じる